ヒナ歯科&ケアクリニック|金属アレルギー治療

金属アレルギー治療

ホーム > 金属アレルギー治療

金属アレルギー

金属の詰め物

「歯科治療を受けてから、体調がどうもすぐれない」、「もともと治りにくい口内炎や皮膚トラブルがある」…こんな症状でお悩みの方はいらっしゃいませんか?
近年、お口の中に装着している義歯や被せ物など、歯科で使用される金属が原因となり、顔や全身にアレルギー症状を発症する方が増えています。当院では、歯科アレルギー外来を開設しています。歯科アレルギー治療において沢山の経験を積んだ院長が治療を担当しますので、「歯科アレルギーかもしれない」という方は一度ご相談ください。

金属アレルギーの症状

ここでは、歯科材料、特に歯科金属によるアレルギーが引き起こす代表的な疾患をご紹介します。
皆様に知っておいていただきたいのは、歯科治療による金属アレルギーの症状はお口の中だけではないということです。
金属アレルギーは、アトピー性皮膚炎など、顔や身体など直接金属が触れていない部位に症状が出ることもあります。

  • 顔面・口の中に起こる症状

    口内炎、歯肉炎、口唇炎(こうしんえん)、舌炎、口腔扁平苔癬(口腔粘膜における慢性の角化異常を伴う病変のひとつ)など

  • 全身の症状

    アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、扁平苔癬、皮膚そう痒症、ステロイド皮膚症、脱毛症、掌蹠膿疱症(手のひら・足の裏、またはその近辺にできる小さな水疱)など

金属アレルギーの治療

パッチテスト

お口の中の金属にアレルギーがあるかを調べるために、歯科用金属を網羅したパッチテストを行っています。※現在パッチテストは行っておりません。

口腔内の金属成分検査・分析

パッチテストでアレルギーのある金属が判明したら、その金属がお口の中にあるのかを調べます。
金属の表面を擦り金属の粉末を採取しますので、お口の中の金属は外さずにそのまま検査が可能です。

アレルゲンの除去

分析の結果、アレルゲンが口の中の歯科金属に含んでいると判明した場合、これらを除去し、詰め物・被せ物・入れ歯などを、アレルゲンフリーの材料(セラミックやプラスチック)への交換を行います。

金属アレルギーの材料

  • オールセラミックス

    オールセラミックス

    白く透明感のあるセラミックスでできている被せ物です。
    内部に金属を一切使用していないため、天然歯に近い色合いで長く使用しても変色はありません。近年では人工ダイヤモンドである「ジルコニア」を使用した高い強度を持ったオールセラミックが注目されています。
  • ノンクラスプデンチャー

    ノンクラスプデンチャー

    金属のバネを使わず、装着していても目立たない入れ歯です。また、弾性と強度があるので、装着感が少なく、壊れにくいという特徴もあります。
    また、材質のつなぎ目がほとんどないため、お掃除がしやすく衛生的に保てます。

治療の流れ

STEP1、検査
普段から皮膚の弱い方や口内炎のできやすい方、金属を使用する歯科治療に心配のある方など、患者様一人ひとりに応じてきめ細かく検査を行います。
STEP2、パッチテスト
検査薬を浸した絆創膏を皮膚に貼り、患者様それぞれの体質に合わない種類の金属を探す検査を行います。歯科用金属のほかにも、レジン(樹脂)やセメント材といった様々な材料の検査も可能です。
STEP3、診断
パッチテスト、問診、レントゲン検査、口腔内診査などをもとに、金属アレルギーの診断をします。
STEP4、修復・交換治療
ステップ3で体質に合わない種類の金属がお口の中に見つかった場合は、体質に合った歯科材料に交換を行います。
STEP5、アフターケア
通常の歯科治療と同じく、金属アレルギーの治療でもアフターケアがとても大切になります。
アレルギー症状は、全身のコンディションにより大きく左右されますので、患者様ご自身も日頃の健康維持にご留意いただくと共に、必ず定期健診をお受けください。

Q&A

質問1

どのような物が金属アレルギーを起こしやすいですか?

回答1

金属アレルギー発症の因子は、ネックレス、ピアスなどのほかに、ヘアピン、眼鏡フレーム、化粧品などがあげられます。これには、水銀、ニッケル、クロム、コバルト、パラジウムなどアレルゲンが含まれており金属アレルギー疾患を引き起こす可能性があります。
また、近年特に増加しているのが、歯科金属による疾患です。多種多様の合金で作った詰め物、被せ物にはアレルゲンが含まれており、装着を続けると金属が溶け出し、口内炎や歯肉炎はもちろん、アトピー性皮膚炎や口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)などの全身の症状があらわれてくる場合があります。

質問2

症状が出れば歯科金属が原因でしょうか?

回答2

歯科治療後に口腔内に症状がでた場合は、歯科金属との関連性が強いといえます。ですが、顔面・口腔内に症状が出たからといって、必ずしも歯科金属だけが原因とは限りません。
症状を正しく把握し、原因を突き止めるためにも、パッチテストなどのしっかりとした検査をおこなうことが大切です。

質問3

インプラントはアレルギーにならないのですか?

回答3

インプラントに使われているチタンは、生体親和性が高く、金属アレルギーが生じにくい材料です。ですが、いくつものパーツからできているため、それらのパーツがアレルゲンとなっているケースも十分考えられます。
「インプラントの治療後に金属アレルギーのような症状があらわれた」という方は、一度ご相談ください。

ページの先頭へ戻る